ワキの脱毛はワキガ対策に効果あるの?脱毛方法や費用を紹介

ワキガ対策としてワキの脱毛をする場合にはメリットとデメリットについて知っておくとことをおすすめします。

ワキガの原因のひとつとしてはワキ毛の毛根にある雑菌が増殖しニオイを放つことがあげられていますが、毛根を減らすことができる永久脱毛をおこなえば雑菌が居座る環境をなくす効果があるので結果としてニオイが少なくなります。

異臭の成分がついた毛もなくなるのでニオイの原因を根本的になくすには良い方法のひとつといえるでしょう。

しかしながらワキの永久脱毛を行った方の中には脱毛後にワキガが強くなると感じる人もいるようです。

これは毛根がなくなっても毛穴がなくなるわけではなく毛穴に老廃物や皮脂がたまってしまい、これらがそのまま酸化してしまったニオイです。毛根に皮脂が詰まってしまうことで起きるので皮膚科などで取り除いてもらう事で解決できます。

ワックスなどを利用して毛を引っ張りとるようなタイプよりはレーザー脱毛などの毛穴に負担をかけるタイプの方法を選ぶようにしましょう。

ワキガは細菌が汗を分解することで発生しますがワキの脱毛は汗腺であるエクリン腺の発汗刺激してしまうことがあるので汗が増えることもあり、そのため脱毛をするとワキガが増えると言われることもありますが一時的なものといわれています。

対策としては細菌の増殖を減らす抗菌タイプのワキクリームなどを併用すると良いでしょう。汗は精神的なものからくる精神性発汗もありますのであまり気にしすぎないようにするのもワキガを良くするためには必要です。

自分で行うこともできますがワキガ対策として脱毛を行うのならサロンを利用するのがおすすめです。

自分で行った場合にはケアが不十分であったり皮膚の状態が悪い場合でも行ってしまう場合がありますがプロに任せれば状態に合わせた判断を行ってもらえるからです。

費用はサロンごとによって異なりますが無料キャンペーンなどを行っている場所を利用して自分にあったサロンを探すと良いでしょう。