切らないワキガ治療や手術にはどんな種類があるの?保険は適用できる?

ワキガに悩んでいる方は切らない手術を探している方も多いのではないでしょうか。

切って手術をする場合には保険適用がされるけど、切らない場合保険適用されるのか悩んでいる方もいるはずです。

できるなら、保険が適用される安い手術を受けたいと考えている方もいるのではないでしょうか。切らないで行うワキガの手術には、ボトックス注射を受ける方法があります。

ボトックス注射とは、汗を抑えてくれる効果があります。ワキガの原因にはアポクリン腺が関係していますので、ボトックス注射をすることによってアポクリン腺から出ている皮脂やたんぱく質が汗と混ざってワキガの特有の臭いを防いでくれることに効果が期待できます。

注射を利用しますので、傷跡も目立ちません。

多汗症ボトックスに保険適用になる場合は、特別な原因がないのに日常生活に支障が出るほど多くのワキ汗がでる病気と診断された場合に限られます。

自由診療の場合では7万~10万と高額になってしまう場合もあります。保険が適用されますと、3割負担で費用を抑えることができます。

ワキガの場合は多汗症が原因になっていることもありますので、一度専門の医師に相談をしてカウンセリングを受けてみましょう。

次に、電気凝固治療法です。ワキガの毛穴に電気針を刺すことによって、臭いの原因となる皮脂腺とアポクリン腺を破壊します。

脱毛効果が期待できますので、女性におすすめです。

保険診療を適用しているクリニックもありますので、治療を考えている方は相談をしてみましょう。

ワキガを治療する場合には、何度かクリニックに通うことが必要になります。切る手術は回復をするのに時間がかかってしまうため、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ワキガの治療には様々な方法がありますので。自分に適した手術方法を探してみましょう。

汗や臭いのことで毎日悩んでいてはストレスになってしまいます。最適な治療を受けるためにも、まずはクリニックで相談をしてみましょう。